【CoD WW2】ショットガン紹介と覗きこみ時のアイアンサイト比較

Pocket

 

Sponsored Link

 

ショットガンのイメージ

 

近接時での圧倒的な威力と腰撃ちでの安定感、相手とのすれ違いざまに一発お見舞いされ戦線離脱。

そんなショットガンですが、射程距離が短く、相手との距離を縮めるため相手に気づかれないように近づく立ち回りが必要なイメージを持っています。

 

 

 

ショットガンの紹介

 

COMBAT SHOTGUN(初期解放)

 

初めから解放されている『COMBAT SHOTGUN』の威力は、なんとマックス値であります。

射程距離はありませんが、装填時間も比較的短く焼夷弾と組み合わせれば多少の距離でも瀕死に追いやることができそうです。

焼夷弾の弾は4発。

 

 

 

 

 

M30 LUFTWAFFE DRILLING(コインで解放)

 

こちらは、コントローラーのボタンを素早く2回押せば2発連射することができる造りとなっており、ショットガンの欠点である次弾発射まで時間をかけずに撃つことができます。

しかし2発撃ち終えた後は、装填(リロード)が起こるため相手が目の前にいる状況なら装填が終わるのを待つか、ハンドガンなどのサブウェポンに切り替えた方がいいですね。

焼夷弾の弾は4発。

 

 

 

 

 

トグルアクション(ランク19)

 

こちらは、ショットガンの中で連射速度が一番優秀で、マガジンに6発も入っています。

他のSGと比べると、2連射以上できるモノは『トグルアクション』の6連射しかありません。

しかも、威力も高く命中率もなかなか高い。一撃で倒すことは無理でもとても扱いやすい武器なのではないでしょうか?

焼夷弾の弾は4発。

 

 

 

 

 

ソードオフショットガン(プレステージ解放)

 

M30 LUFTWAFFE DRILLINGのような作りで2発撃つことが可能です。

命中率が高めなので狙い撃ちで相手に弾を当てることができるかと思います。

焼夷弾の弾は4発。

 

 

 

 

 

ショットガンの構え比較

Sponsored Link

 

COMBAT SHOTGUN

 

リロードや焼夷弾の入れ替えで意外と時間がかかります。

 

 

構えている状態でも視界は見やすいですね。

 

 

 

 

M30 LUFTWAFFE DRILLING

 

構えていない状態でも十分当てることができる(近距離の場合)ため相手が近かったら構える手間を省いて撃ち込みましょう。

 

 

ずっしりとした銃身がよく見えます(笑)

 

 

 

 

トグルアクション

 

 

 

 

上部がスッキリしているため構えていても視界が良好。

 

 

焼夷弾を連射するとまぶしいくらい明るくなり相手も目視できない。。。

この間に逃げられて死角に入られたら厄介ですな。。。

 

 

 

 

 

ソードオフショットガン

 

構えていると2つの筒部分がよく見えます。

 

 

リロード中はこのように、ひとつづつ弾を詰めます。

 

 

 

 

さいごに

 

武器紹介のまとめ記事は、こちらから参照できます。

【CoD WW2】各種おすすめ武器まとめ、サブもあるよ。

 

他の武器については、こちらから参照できます。

【CoD WW2】アサルトライフル紹介と覗きこみ時のアイアンサイト比較

 

【CoD WW2】サブマシンガン紹介と覗きこみ時のアイアンサイト比較

 

【CoD WW2】ライトマシンガン紹介と覗きこみ時のアイアンサイト比較

 

【CoD WW2】スナイパーライフル紹介と覗きこみ時のスコープ比較

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す