【モンハン:ワールド】環境生物レアな動物を様々なマップで捕まえる

Pocket

環境生物を探すのに苦労してませんか?

普通に探しても見つからない珍しい生き物の生態や見かけたはしたけどスルーしてしまったことがあると思います。

今回はそんな環境生物の珍しい種類を必死に探している、あなたに役立つような情報を書いていきます。

 

Sponsored Link

 

環境生物について

 

モンスターハンターワールドでは、広大なマップで小さな生き物が足元で動いていたり、頭上を飛んでいるのをよく見かけます。

モンスターを追っている最中は、気に掛けることもないと思いますが、捕まえることが出来るんです!

はじめから所持している『ネット』をスリンガーに装着し、対象に向けて発射すれば捕獲できます。

『釣り竿』もはじめから所持しているため目の前に魚がいたらすぐ取り出すことが出来ます。

それなので、純粋に釣りすることを楽しめ、今作から始められた方であってもすぐに馴染み易いと思います。

 

 

 

マイハウスでいつでも会うことができる

 

ハンターには自分の好き勝手できる『マイハウス』があります。

また、マイハウスは引っ越しすることもできるためグレードを上げていくと部屋の大きさや鑑賞できる生き物の数が変わります。

一番大きな部屋になると、庭や池がついていて、現実世界で存在すると1泊いくらするのか聞くのが怖くなるほど高級感があります(笑)

 

環境生物を捕まえたあとは、マイハウスで設定することにより、いつでも好きなだけ見ることが出来ます。

設定するには、執事のように接してくれるアイル(ルームサービス)がいるのでその子に話しかけてください。

 

 

 

レアな動物はどんなやつ?

 

特定の条件が整うと出現してくれたり、何度も足を運んでいる内に遭遇する珍しい動物がいます。

そんなレアな動物を紹介します。

 

※画像はマイハウスで撮っています。

 

ミチビキウサギ

よく見かける「茶色のウサギ」は、ヨリミチウサギです。

ミチビキウサギは、そのヨリミチウサギの群れにいたりします。

体毛は、白ベースで所々ピンク色になっています。

群れにいればすぐ見つけられると思うので、簡単です。

 

 

どこにいるのか?

古代樹の森キャンプ(1)をスタートして目の前にいることもあります。

マップの(3)に向かう途中の(1)でよく見かけます。

多くの人は、この辺りで、すでに捕まえているのではないでしょうか?

 

 

月光ゲッコー

特徴として、体の一部がムラサキ色で発光しているので、見つければ「あれだっ!」と分かると思います。

動きが素早く、チョロチョロ動きますが、普段見ているゲッコーと変わらない速さです。

ヒカリゴケの近くにいるのを確認できたので、もしかするとヒカリゴケと何かしら関係があるのではないでしょうか?

 

どこにいるのか?瘴気の谷

瘴気の谷、キャンプ(11)から降りていくと近くにヒカリゴケと多くのクラヤミゲッコーが生息している壁があります。

まれに、月光ゲッコーが出現しているのでキャンプから移動の際は、一度見るようにしてください。

 

 

どこにいるのか?龍結晶の地

龍結晶の地、キャンプ(8)で出入口となる穴の近くにヒカリゴケがあります。

そこを見ておくと、月光ゲッコーがいるときがあるので、とても簡単に見つかると思います。

 

 

 

エメラルドカブトガニ

Sponsored Link

 

どこにいるか分かりますか~?

体の色が少し、マッドな緑色?なので、泥の上を歩いている『エメラルドカブトガニ』を見逃すことがあるかもしれません。

見つけて近寄り、少し時間が経つと地面の中に潜り込んでしまいます。

近寄ってからモタついている間に逃げられてしまわないよう、ネットは常にセットしておいてください。

 

カブトガニは他に2種類いるので、エメラルドカブトガニとの比較も込めて画像を並べてみました。

画像の上部に書いた絵は、カブトガニを正面から見た時、どんな顔になっているのか判断の基準にしてもらいたくて書いてみました(笑)

 

 

 

どこにいるのか?瘴気の谷

マップ(6)(9)ここには、多くのヘイタイカブトガニが生息しています。

瘴気の谷には動物やモンスターの骨が多く、ヘイタイカブトガニの色が馴染んでしまい見つけにくいです。

エメラルドカブトガニは、こんなところでも出現するので、骨の間を移動しながら足元にいるカブトガニをアクションコマンド(薬草を拾うときに表示されるやつ)で確認すると効率がいいと思います。

カブトガニ系は、アクションで蹴飛ばすとスリンガーに使えるアイテムを落とします。

そのためアクションコマンドで丁寧に表示してくれるんですね!

 

 

 

どこにいるのか?大蟻塚の荒地

マップ(10)ここには、多くのテツカブトガニが生息しています。

テツカブトガニは泥の上にいることが多く、よく見ておかないと見逃してしまいます。

エメラルドカブトガニがいたとしても、マッドな緑色をしているため、少し見つけにくいかと思います。

 

 

ユラユラクイーン

ユラユラの群れに1匹体の色がオレンジ色のユラユラがいると、それが『ユラユラクイーン』ですね!

ユラユラクイーンの出現には条件があります。

『夜中』であること。

陸珊瑚の台地は、空が夜中でも明るく青いので、一瞬あれっ!?と思うかも知れませんが、拠点を夜出発すれば間違いなく夜です。

この条件が揃っていれば、出現することがあります!

あとは捕まえるだけですね。

ユラユラの出現している近辺を見て周ると効率がいいです。

群れの中に目立つ「オレンジ色」を探せばいいだけです。

 

 

どこにいるのか?陸珊瑚の台地

キャンプ(1)からスタートして降りると目の前に三カ所ほど「ユラユラ」の群れが生息しているポイントがあります。

順番に見て周る内に、ユラユラクイーンを見つけられるかと思います。

他にもマップ(3)へ移動途中にユラユラ群がいたので注意して進んでください。

ユラユラに近づくとすぐ顔を引っ込めてしまい、ネットで捕まえられなくなるからです。

 

 

さいごに

目的の動物が見つからなかったときのリセット手順を教えます。

 

瘴気の谷でリセット!

近くのキャンプに戻り、瘴気の谷であれば何でもいいのでクエストを受注します。

クエストが始まったらメニューからクエストリセットを選択、キャンプに戻るを押して探索が再開されます。

この繰り返しで時間短縮され何度もリセットされた探索が出来ます。

お目当ての環境生物がいるところが、他のマップであれば、受注するクエストをそのマップに設定するだけで応用が効きます。

よければ皆さん使ってみてくださいね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す